伊藤瞬建築設計事務所 | 伊勢志摩
51107
single,single-post,postid-51107,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,smooth_scroll,wpb-js-composer js-comp-ver-4.6.2,vc_responsive

伊勢志摩

伊勢志摩

先日、伊勢志摩方面へ旅行へ行ってまいりました。

初日は、今年の5月、サミットが開催される賢島周辺をのんびりと回りました。

image

英虞湾のリアス式海岸を一度拝見してみたく遊覧船に乗りました。内海は非常に穏やかで美しく、自然と素晴らしさを再認識いたしました。

自然は一瞬のうちに暴れまわり、人々に被害をもたらすこともありますが、同時に無限の恵みも与えてくれます。遊覧をしているとここには神がいるのだなと思いました。

写真は横山展望台からの写真です。入り組んだリアス式海岸と、太平洋の一直線の地平線との対比が美しいです。

 

二日目は海の博物館とお伊勢さんへお参りに行きました。

image

約8年ぶりの海の博物館です。相変わらず落ち着いた佇まいで非常に風景に溶け込んでおり、この様な建築が好きなんだなと再認識いたしました。

 

image

このヤマモモのある中庭は非常に気持ちいい場所です。

 

image

内藤氏の代名詞でもあるコンクリートと木造のハイブリット構造の初期作品です。今も色あせずダイナミックさと繊細さを持ち合わせています。

いつ行っても気持ちいいなぁ。

 

image

この星と格子型のマークは、セーマンドーマンという志摩地方の海女さんが身に着けるおまじないで、饅頭軒瓦にデザインされています。

ちょっとしたデザインがかわいらしいです。

 

 

image

この展示は蒲鉾の型を集めたものです。かなりマニアックな海に関する展示が多く、建築以外も非常に楽しめる博物館。しかもそこまで人も多くなくのんびりと見れます。

オススメです。

 

image

その後、海の博物館のすぐそばにある志摩ミュージアムも少し見学。と言っても外観のみです。実は以前来た時も使用されていなく、やはり今回も使用されずそのままでした。

周辺も草もボーボー状態でなんだかもったいないですね。写真はピロティ部分で、半屋外に展示物が残っています。風が通り抜け気持ちいい空間でした。

この後、外宮、内宮にお参りをして帰路につきました。

久々の内藤氏の建築に触れ非常に刺激的かつ、英虞湾の自然とお伊勢さんに癒された良い旅になりました。

次の仕事につなげていきたいと思います。