伊藤瞬建築設計事務所 | 岩戸の家1
51573
single,single-post,postid-51573,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,smooth_scroll,no_animation_on_touch,wpb-js-composer js-comp-ver-4.6.2,vc_responsive

岩戸の家1

岩戸の家1

現在計画中の「岩戸の家」

こちらも広島の物件になるのですが、昨日今日(25日、26日)と建築主の方が広島から来阪され、ショールーム巡りにご一緒していました。

昨日は、気になる設備機器等、見て回り、その後事務所に移動して打合せを致しました。

最初にサンワカンパニーでミラーボックスや手洗い等を見学。使い勝手やデザイン、全体との調和等諸々のアドバイスをさせて頂きました。

↑こちらのミラーボックスにほぼ決定。

このミラーボックスなんですが、右側のミラーを開くと写真のようにティッシュを下向きに設置する様になっています。

洗面台には何も置きたくないけど、必要なティッシュ。これなら見えないけど使い勝手も悪くなく、いいアイデアだなぁと感心。

ショールームには中々足を運ぶことがないのですが、色々情報収集で実物を見てみるのはやはり大切な事だと再認識させられました。

 

 

そして本日は今回、来阪して頂いたメインである、キッチンのショールーム見学です。

お伺いしたのはキッチンハウスさんです。

住宅の中でも大きな割合を占めるキッチンなので見学してはどうですかとお勧めをしていました。広島にショールームがあれば来阪して頂かなくてもよかったのですが、残念ながら現在は広島にはないんです。今年の7月に出来るそうで、もう少し早く出来ていたらよかったのですがこればかりはしょうがありません。

デザインや大きさ、使い勝手、設備機器、仕様等を現物を見ながら確認していきました。

最初提案していたキッチンよりは若干機器の変更やシンクの形状変更をし、最終決定しました。

建築主の方も実物を確認出来て良かったと仰っていたので、わざわざ来て頂いた甲斐がありとても良かったです。

引出の仕様や高さ等も細かく丁寧に説明して頂き、決定していきました。

今後の参考の為に高級仕様なキッチンも一緒に見学しました。当たり前ですが、やはり良いモノは良いですね!

 

今回のキッチンはペニシュラ型の対面キッチンになります。ダイニングと同じ空間になるのでダイニングテーブルやダイニングチェアも一緒に提案をさせて頂くため

キッチンハウスの後にアルフレックスという家具屋さんも一緒に見学しました。

キッチンや全体のデザインや色調を考慮し、丸いガラステーブルを提案して気に入ってもらえました。

実物はなかったのですが、丸の大きさや高さ、ガラスの色をサンプル等で確認して頂きました。

同時に椅子も座り心地、重さ、テーブルとの調和、アームがあるのかないのか、座面のファブリックの仕様等

色々と実物とサンプルを見比べながら仕様を決めました。

写真にはありませんが、二日間でショールームを設備、キッチン、家具屋合わせて7店見学しました。その間に打合せもして頂き、かなりお疲れになったと思われますが

実物を確認して頂きとてもよかったです。私も中々ここまでご一緒して巡ることも多くないのですが、勉強になることもあり有意義な2日間でした。

今から実施設計に進み、予定では9月くらいには着工予定です。竣工までまだまだですが、いいものが出来る様楽しみながら進めていきたいです。

またちょこちょことアップしていけたらと思っています。