伊藤瞬建築設計事務所 | 新規プロジェクト
51305
single,single-post,postid-51305,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,smooth_scroll,wpb-js-composer js-comp-ver-4.6.2,vc_responsive

新規プロジェクト

新規プロジェクト

先日、新規プロジェクトで、自宅のリフォームの相談をして頂き、故郷広島へ帰っていました。

場所は広島市の北部に隣接する町です。(私もその町の出身なのですが)

この地域では、屋根は石州瓦の入母屋造り、外壁は漆喰(真壁)、化粧の太鼓梁の3点セットが特徴の木造住宅です。私の実家の母屋も同じ仕様です。

その横に離れがあり、1階に農機具庫(トラクターやコンバイン、納戸等)、2階には個室、母屋と離れが小屋根で繋がっているというタイプの住宅が非常に多く見られます。

今回の計画の住宅も、もれなく上記のタイプに当てはまっており、この地域でのリノベーションの一つの解答として、新しいものを提案できたらと思っています。

1階小屋裏の活用をメインに計画予定です。

 

小屋裏の写真です。小屋裏なので部屋としては全く使用していないのですが、明かり取りの窓が設けてありました。

色々と隙間があり断熱もされていないので、その辺りも含め計画予定です。

今まで小屋裏に隠れていた太鼓梁を活かすような計画に出来ればなぁ…と頭と手を使って模索中です。乞うご期待!