伊藤瞬建築設計事務所 | 舞綱のリノベーション4
51477
single,single-post,postid-51477,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,smooth_scroll,wpb-js-composer js-comp-ver-4.6.2,vc_responsive

舞綱のリノベーション4

舞綱のリノベーション4

久々の現場通信です。

舞綱のリノベーション、スケジュールが少々ずれていますが、ゴールが見えてきました。

一部壁や造作を残し、床壁天井はほとんど仕上がっています。

基本的な壁天井仕上げは共にビニールクロス貼ですが、写真で壁を貼っていないところは板張りにし空間のアクセントになるよう考えています。

 

子供部屋の一部です。今回の計画は子供部屋が3部屋ありますが、全ての部屋に作り付けのカウンターテーブルと本棚を設け、その両サイドに収納を計画しました。収納内にはハンバーパイプをつけます。

正面から見るとこんな感じです。本棚の下にはカウンターを照らす照明器具を仕込んでおり、子供たちの勉強も大いに捗ることを期待しています。

 

天井を貼って構造材を隠す場合は不要なのですが、今回の様に梁や母屋等の構造架構を見せる場合、天井や壁と構造材が接する部分の取合の加工が必要になってきます。特に上の写真の様に丸太のような梁の場合、梁の形に壁を合わせていく必要があります。舞綱のリノベーションはこの様な箇所が多いですが、とても丁寧に綺麗に納めていただいています。

 

窓が見えるところがトイレでその手前が洗面です。洗面なので梁を見せる必要もないのですが、隠すと天井が低くなってしまうので梁を見せるようにしました。

横桟の様に2本の木が行く手を阻んでいる様になっているのは、2本の木を突っ張り棒のようにして枠材を固定しているところです。

 

残り、細かいところの大工工事が終われば、クロスと建具、設備機器等設置され完成になります。

仕上げなどの決定事項はもうありませんので、次回の監理は竣工して最終チェックになると思います。

現場監督の話では、12月の初旬ということです。あと一月ですが、よろしくお願いします。